toggle
四国で一番小さな町、葉っぱの町上勝町で挑戦する起業家を募集中!

起業家紹介

表原 平(おもてはら たいら)

(プロフィール)
リストランテ ペルトナーレ オーナーシェフ
1989年生まれ。徳島市出身。高校時代は、甲子園常連校で白球を追いかける高校球児。兄が和食の料理人であり、その影響を受け料理人を志す。高校卒業後上京し、求人のあったイタリアン料理店で見習い(アルバイト)として入る。その店が、地産地消イタリアンの第一人者で、料理のコンテストで世界第3位に輝いた奥田政行シェフのプロデュースした店であった。料理人としてすぐに頭角を現し、奥田シェフに認められ、スカイツリーの新店舗のオープニングメンバーに抜擢。その後、淡路島の店舗でも2番手シェフとして活躍し、2014年12月、上勝町でリストランテ ペルトナーレをオープンし、独立。店名の「ペルトナーレ」はイタリア語で「帰るために」という意味。

▶︎上勝に来たきっかけ
2014年5月に、たまたま、料理人仲間と上勝町に観光に来ていたんですよ。徳島の出身だったんで、上勝という町の名前は知っていたけど、縁もゆかりもない町でした。そこで、料理人仲間から「ここで、店出してみたら?」と言われたのがきっかけですね。上勝みたいな山奥なら、本当に自分の料理がおいしくなければお客さんは来ない。そんな厳しい環境で自分を試してみたいなって思ったんですよね。(笑)

▶︎上勝で店を出してみて
何よりも食材が新鮮!畑との距離が近いので、野菜が新鮮なまま使えます。師匠の奥田シェフも地元の山形県の庄内の地場野菜を使ったイタリアンの形を作り上げた人なので、僕は上勝を中心に徳島の素材を使ったイタリアンを作り上げたいと思っています。